2009年04月17日

保護者会ってどうもね・・

昨日今日で
お子様二人の授業参観&学校保護者会があり
二日間午後休暇とって行ってきました。

二人とも担任が変わったので
行っておくべきかなというわけで。



だらだら書くのもなんなので
まとめてみましょう。

5年生の方の先生は
元気のある40代半ばと思しき
女の先生でした。

素晴らしい!!!!!!
と授業中に何度も言ってました。
マイナスな言葉を使わず
話を聞いていない子には
「今言いましたよね〜(^−^)」
と優しくご指導。

お母さん的な見方では
こういう人ほど怒ると怖いだろうなと思う。
でも元気があって明るくていいと思います。

学年保護者会で役員決めがあり
今年こそはやっとかないとね〜と
母さんは広報部の役員を受けてきました。

難問の本部役員もあっさり決まり
4時前に終わる異例の速さでした。

先生が
「役員決めをするお母様方の表情が素晴らしい」と
なんかよくわかんないことをほめてくださりました。
親はほめてくんなくてもいいから別にww

2年生の先生はベテランの女の先生。
帰りの会でいきなりオルガンを弾き
歌を歌わせていました。
そういえば歌と絵本が好きだと
学年便りに書いてあったなあ。

ちょっとびっくりしたけどww

クラス保護者会の席で
宿題についてどうかと意見を求められました。

それは今までの先生が
毎日漢字、算数、読書、音読、なわとび練習
と大量宿題を出す人で
遠足の日でさえ宿題がありました。

子どもも親も一年かけてそれに慣れたせいか
ここ最近漢字練習しか宿題がないのを
「え??急にいいの??」
と不安に思う親からの問い合わせがあったと思われ。

確かにみのもんたも急に宿題がなくなり
拍子ぬけした感じで
最近は全然勉強してませんでした。

先生の意見は
「宿題よりも外遊びをいっぱいしてほしいから
たくさんは出したくない」
というものでした。

一人ずつ自己紹介しながら
意見を述べていきました。

私は去年一年
大量の宿題や先生の赤字コメントに苦しめられ
(みのもんたはマイペースやんちゃ坊主ゆえ)
戦いの日々・・・でしたけど、
最終的にはこなせるようになり
それがみのクンの自信につながったので
宿題はそれなりにあっていいと思うと
述べてきました。

家庭学習を根気よく見てやれるほど
私も教育熱心ではないので
義務としてあったほうが
子供も親もやりやすいですからね。

どのお母さんも同じような意見で
前担任は確かに厳しかったけど
子供のためには良かったと思ってるようです。
過去日記で書いたけど
みのが成長を遂げたのは
7割その先生の厳しくも丁寧な指導のおかげですから。

まあそんな先生の後を引き継いだ
今年の先生はさぞやりにくいでしょうけど
私も歌や本は大好きなので
先生が変わったことをきっかけに
みのもんたも歌や本好きになってくれればと
思っています。

授業参観の方は
ぼけもんはさすがに高学年になり
親が見てる前でおバカなことはしなくなって
おとなしかったので
正直つまんなかったですwwww

でもなぜか椅子が隣の女子寄りに傾いていたので
「お前隣の子好きなの??」と言ってやりました。
斜め前の男子がすぐ後ろを向いてしゃべるので
それに付き合っているようですが。

それとぼけもんはジャージ大好きで
ジーパンはきついから嫌いと全然はかないのですが
クラスの男子はほぼ全員ジーパン着用。

今年は絶対ジャージ買わないぞ!!!!
ジャージは決して安くないし探すの大変。

みのもんたの授業は
ブンブン駒を作るというもので
話をろくに聞かないみのは
先生が「糊は紙の片方に塗ればいい」と
言っている目の前で
2枚にベタベタに糊をつけ
手が汚れたと言って勝手にトイレに走りました。

帰りたくなりましたwwww

糊の残りが少ないみのは
「お母さん太ってるけど糊はやせっぽち」と
周りの子の糊をみながら言い放ち
「お前の母さんでぶっちょ」と
他の子の糊についてまで言及してました。

太っててすみません(ToT)

オチもついたので
この辺で・・・・・wwwwww
posted by お母さん at 00:16| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございますほっとした顔
うまくまとめましたね(笑)
学力低下してるので総合学習もなくなり、力を入れてるようですね。今の教育カリキュラムは。
また、今の世の中は家に帰るとゲーム、パソコン、携帯電話(大人もか、笑)など、子どもがハマるものいっぱいですし。。

子どもを取り巻く環境も大変ですね。。。

おしゃる的には、親から言われてた唯一のことは宿題はしなさいでした(笑)
つまり宿題さえすれば、遊びほうけて良かったのですが。。。うれしい顔


少なくすれば、東京では塾とか行くんじゃないですかあせあせ(飛び散る汗)

今、考えると大切なのは、家庭でする学習の時間だったのですから、宿題は適正に量はあったほうが良いのではと思いますがウッシッシ

まぁするのは、ぼけくん・みのくんだけどね(笑)
そして、してるのを見守るお母さんが大変なんだよねげっそり

でも昨年から自信がついてるみたいですね指でOKいいじゃないうれしい顔
Posted by おしゃる at 2009年04月17日 06:57
☆おしゃる様
コメントありがとうございます(^-^)

今年から2年の移行期間を経て
指導要領が改訂されるので
我が校では今年度は全学年で
授業が週1時間増えました。

それと5年生では年35時間の英語が
授業に加わりました。
教科の指導内容も昔やっていたものが
復活して単元が増えてるみたいです。

今塾よりすごいのはベネッセ。
こどもチャレンジは
学校全体の5人に一人はやってますね。
低学年では特に多く。

付録が魅力的で
うちの次男もやりたいって
ずっと言っています。

でも結局教科書の中身を
少し先取りしてるだけなので
要するに先に答えを知れるだけで
学力が伸びてるわけじゃない。

それなら宿題で十分。
と思ってさせてません。

まあ私も中学の時やってたので
否定はしないですが。
自分から机に向かう習慣作りが先よね。

それがムズカシイ。
今年も母は頑張ります。
Posted by お母さん at 2009年04月18日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。