2010年09月19日

ミズナツキラストデイ〜夜明けのように 今旅立ちの時〜編

やっとここまできました。
頑張るぞ。だいぶ記憶が危ういけど。

通常の公演が終わると
次はいよいよサヨナラショー。
飛鳥組長が出てきてコンビの舞台歴を振り返ります。




スクリーンに映し出される
懐かしの舞台映像。
あ 私の原点ミレニアムチャレンジャーの
シャンパンタワー(?だっけ?中詰の場面ね)は
もちろんなかったわよ(当然)

そういえばお茶会にて
ポンポン使用場面ありと聞いたので
忘れずに持って行きましたが
(某お姉さまメールありがとう)
多くの方が2幕始まる前にはすでに
お膝にスタンばっていました。

え?もう出すの?と思った私は
ショー終了後組長がしゃべりだす前に
あわててごそごそ出しました。

お膝の上は
ペンライト
ポンポン
ハンカチ
オペラグラス
飴(時々のどがイガイガするので)
と大変なことになってましたよ。
うっかり落とさなくてホント良かった。

そしてとうとうサヨナラショー始まり始まり。
歌った曲一覧
・最後のダンス(エリザベート)
・愛と死の輪舞(同上)
・世紀末の詩〜愛のテーマ〜(ロミジュリ99)
・ロシブルの最後の歌
・AQUAの地球(ミロワール)
・衝動(カラマーゾフの兄弟)
・ソロモンの指輪の歌
・リオ・デ・ブラボーのポンポンの場面の曲
・灰の水曜日(カルネヴァーレ 睡夢)

タイトルが思い出せないのは
ご容赦いただきたい。

選曲については
やはり茶会にて
「雪組の皆が知ってる作品からがいいなと思った」
「ただしロミジュリは外せなかった」
ということでした。
AQUA5でファンになった方も少なくないと思うし
こういうところにも
ファンや組子への愛情、気遣いがあふれていますね。

ここは泣いてる場合じゃないぞと
思いつつも
やっぱりロミジュリなんかは大好きだけに
泣けました。
影ソロはどなただったんでしょうかね。
かおりちゃんは場面に出ていたので
違うと思いますが。

ロシアンブルーの歌も
当時はみなこちゃんとの並びや歌も
ここまで感動はしなかったですが
もう最後だと思うと
またみなこちゃんの輝きが増した分
いい場面だったんだなあ〜と認識を改めました。

ちなみにエリザ関連を聞いてて思い出したのは
ドクトルゼーブルガーのエロさです(笑)
感動しつつもやっぱりそこはね、大事(^◇^)

それと結構ソロモンの指輪の曲
好きなんですよね〜。

リオ・デ・ブラボーで
ミナコちゃんが出てきて
一気に会場が明るい空気になり
皆さま待ってましたとばかりに
さささっととポンポン出しました。
私の席は2階12列だったので
1階の方、2階前方の方が
ポンポンを一斉に振る様が良く見えて
おお〜〜〜さすが!!!!と
思いました。
水さんもそれを嬉しげに見ながら
はりきって振っていらっしゃいましたね。

そしていよいよペンライトの出番。
灰の水曜日です。
熱かった会場内が一気に静まりかえり
青い光が一斉に灯る。

その美しさと水さんがそれを見上げながら
歌っているのとで
一気にぐっときました。

あっという間のサヨナラショーが終わり
残すところご挨拶だけになりました。

今度は他の退団者8名の
舞台歴を組長さんが語ります。
みながら
「ああ!この役の人だったんだ〜」と
今更ながら気づいたりして。

そして一人ずつ大階段を降りてきました。
(研3の方だけは下からでしたが。
これはきまりがあるのかな?)

時々会場内から
○ちゃ〜〜んと掛け声がかかって
おりました。
普段は絶対NGですが
こういうときはちょっとくらいあると
あったかい気持ちになりますね。

退団者それぞれがそれぞれに
愛されていたのだなあと。

ラストは水さん。
全員からの「水さ〜ん」という
掛け声に
なぜか返事はよく聞こえなかったけれど
(したのかな?しなかったのかな?)
ゆっくりと大階段を黒燕尾姿で
降りてきました。

水さんがご挨拶している間
もちろん号泣な私でしたが、
こういう時すすり泣きが聞こえると
聞いたことがあったけど
本当に周りからすすり泣きが聞こえました。

こんな状況でも泣かずに
しっかり挨拶されているジェンヌさん達を
心から尊敬しました。

いったん幕は降りましたが
すぐに一回目のカーテンコール。
幕があがりまた降りる。
そして2回目
次は幕が上がると退団者が並んでいて
水さんがいつものように
退団する組子さんへ
一言感想を聞き
メッセージを返すというやりとりが
行われました。

っていうかあなたも退団でしょ〜〜。
誰か水さんのことも語ってあげておくれと
ちょっと思いました。

さらにカーテンコールは
止むことなく続きます。
幕が上がらずに
幕前に退団者が並んだりもしたし
キムちゃんに本日のショー中に
さりげなく0番の位置に立たせてあげようと
ミズナツキの秘かな計画も明かされ
後継の儀式「明日からあなたが0番です」
もありました。

さすがにもう・・無理じゃないか・・・と思った7回目。
でもサヨナラ〜皆さま〜って流れないので
まさか・・・・・アリ??と思ったら
幕が上がりました。

もう〜〜〜すごいとしか
いいようがありません。
感動でじーんとしたまま
客席を後にしました。

その頃もう劇場前は人人人の
大洪水。
どうせギャラリーしても
何も見えないのはわかっているが
それでも一緒にその場にいたいから
シアタークリエの入り口よりもう少し
帝国寄りの背の低そうな人が多い辺りに
(だって私背がひくいんだもーん)
無理やり入り込んで待ちました。

夜になってだいぶ涼しくなったものの
人が密集しているので暑いこと暑いこと。
扇子を取り出してパタパタ。
お茶を取り出してゴクゴク。
ケータイ取り出してカチャカチャ。
隣の人迷惑だったろうな〜落ち着きない私。

もう朝からずっとだから疲れたし
立ちっぱなしで足も痛いんだけど
それでも我慢できるのは
皆愛ゆえなのでしょうね。

楽屋口からはかなり遠いので
周囲の人は皆楽屋口付近からの歓声により
誰かが出たことを知るような状態。
そして結局身長低い私は
どうあがいてもほとんど何も見えず
他人様の液晶画面で
退団者の出を確認していました。

しばらくすると私の前のお嬢さんが
「あ!ミオちゃんだ」と
液晶を帝国ホテル方向へ向けました。
水さんの姪御さん、妹さん、お母様が
そこにはいらしたようですが
なにしろ見えませんから(苦笑)

周囲の実況によると
ミオちゃんはペンライトを持って
ちょこちょこ歩きまわっていたらしいデス。

で、で意外とあっという間に
水さんはやってきました。
もちろん見えていませんが
他人様の液晶と歓声で
その様を知ることができました。

でもこのまま何も見えないのはイヤ。
私も必死に人の頭のスキマから
覗こうともがいて
ちらっと見えた緑の袴姿。

もうそれだけで十分。
ミズナツキファン人生に悔いなし!!!!
水さんありがとう。

水夏希ファン歴9年。
舞台を見た回数でいえば
へたれファンではあったけれど
1公演1回しか観なくても
必ずカッコいいなと思わせてくれた。
素敵だなと幸せになって帰って来れた。

宙組で素敵な2番手さんだったので
雪組でトップになると聞いて
なんでだよ〜〜〜と
思ったこともあった。

中日劇場のお披露目には
何が何でも行ってやる〜と
家族に一生のお願い(3回目ww)をして
沖田はんを生で見たことは
一生忘れない。

歌が皆に心配されていた(笑)エリザベート
今思えば水さんらしい。
「死」なのに人間臭くて
やけに感情豊かで
でもカッコ良かったね。

AQUA5を結成して
世界陸上の開会式で
テレビ画面いっぱいに映った
水さんのカッコよさは
世界で一番じゃないか?とさえ思った。

初茶会に連れて行ってもらって
面白いと噂のトークを
生で聴けた日のこと。

次に行ったお茶会で
マスクしながら初握手したこと。

退団発表の衝撃。
自分的サヨナラ公演ソルフェリーノの夜明け。
などなどなどなど。
思い出したらきりがないけど。

どこからどう見ても男で
思わず退団後カワイイスカートなんて・・・と
うっかり心配しちゃうくらい(コラコラ)
カッコいい男役を究めた水さんが
この先も舞台人であるとしたら
次はいったいどんな夢を見せてくれるのか。

楽しみにまっていようと思います。


♪これこそはと思う
 たったひとつを
 いつの日か 見つけ出して
 お日様みたいに
 笑っていてね
 たとえ 
 この道が険しくても

 こんなに広い
 都会の片隅で
 めぐり逢えたのは
 きっと偶然じゃない
 今あなたに
 ココロから
 サンキュ

このまま語ると
夜明けのように〜が
ホントの夜明けになりかねないので
これでまとめを終わります。
posted by お母さん at 15:35| Comment(0) | 宝塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。