2010年10月06日

ヒロインがうらやましかった花組公演

最近はミクシィ日記にいろいろ書くように
していたので
こっちの更新をしてませんでした。

まあ見てる人もいないだろうけど。
つーわけでまとめてmixiから転載です。
まずは9月19日から。



水夏希ラストデイから一週間経っていない昨日。
同じ場所に花組公演観に行ってきましたよ。

さすがにどうなの?自分?とは
思いましたが
この先運動会3連チャンなのと
新人公演行くのでその前にどうしても・・と思って。

キャトルレーブも行ってきましたけど
見事なほどに入れ替え完了!

さびしい〜〜泣き顔
けどいつもこうやって世代交代してきたんだよね。

で花組「麗しのサブリナ」ですね。
美里さんの歌にAudryというのがあり
♪only smile 麗しのサブリナみたいにね
行くまでずっとその歌詞が頭を巡っていました。

映画は見たことがないので
一応あらすじくらいは頭にいれておきましたが
わかりやすいお話でした。

そしてすごく宝塚らしい・・というか
雪組ではラブ要素の薄い作品が
続いたせいか
真っ当な恋愛モノに
ヒロインうらやましいハート達(複数ハート)
と素直に思えました。

サブリナ役の蘭乃はなちゃんは
これがお披露目公演なわけですが
いや〜〜〜〜カワイイ目がハート

原作では主役だけに
蘭ちゃんが一人で出ている場面が結構多かったですが
全然あぶなげなところがなく
しっかり作品の世界に浸っていられました。

坂下千里子さんに似ていますね。
そして私の中でなんとなく
花總まりさんのイメージとも重なりました。
(元気で明るい役の時のね)

サブリナパンツの衣装の時の
ウエストの細さといったら驚きです。
衣装は全部素敵なものばかりでした。

ゆうちゃんのカッコいい男の背中が
私的ポイントかなあ。
ラストの方で出港する船をじっと
窓辺にたたずんで見ているところの
背中が異様にカッコよくて
すぐ脇でサブリナとお父さんが
お芝居してるのに
(2列下手でみていました)
そっちのけでゆうちゃんの背中に釘付けでした。

それとはっちさんがカッコいいですよ。
運転手の役なので
帽子と制服姿で出てくる時の
渋さが半端ないです。

それと私の中で爆上げ中の
瀬戸かずや君。
料理学校の生徒役で
オネエキャラでした。

長身のイケメンだからぐ〜〜指でOK

あとはみわっちがいろんな役ででてきて
面白いです。
ショーの方でもウインクバシバシで
そのたびにドキっ。

忘れちゃならないまっつさんといちかさんは
ゆうちゃん演じるライナスの秘書達。
最後の方・・・ちょこっとラブ??
その時のまっつがめちゃ可愛くて
あんな顔もするんだぁ〜と親しみがわきました。
いちかちゃんの衣装もふわっとスカートで
似合っていました。


ショー「エキサイター」は
再演モノですがだいぶアレンジが変わっていて
新鮮でした。

チェンジボックスのところも
ストーリーが変わっています。
今度もまたおもしろいです。
その場面で瀬戸君がメガネかけてて
おばさんめちゃ萌えです。

ショーでは花男の魅力が全開。
なんかこう・・・・・主題歌の通り
ショートするほどの熱視線を感じました。

とにかく下級生に至るまでキザリがすごい。
前方で観たせいもあるけど。
そしてスターが多いというのも
魅力ですね。

トップさんの場面
2番手さん以下の場面
若手の場面
バラエティに富んでいて
楽しかったです。

そして娘役が皆かわいいよ。
(花組見るとこればっかりですが)

フィナーレで瀬戸君が真横の花道に立ったので
ガン見していたらにっこり微笑まれ
(目線は私の隣でしたが)
うわっやられた衝撃

しばらくひっそり応援していようかと思います。

あそうそう花男といえば
柚香光君。
ロケットのど真ん中で
やっぱりタダ者ではない光を
放っていました。
来年あたりきそうな予感大。

帰り道は
あ〜〜〜宝塚っていいわあ〜と
すっかり上機嫌の私でした。
posted by お母さん at 23:10| Comment(0) | 宝塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。