2007年04月30日

モダンミリー千秋楽レポその2

2幕冒頭は失意のミリー。
仕事はミスるし
もうどん底状態。
ここでの曲がすごく面白く(失礼)
内容はもう男なんか信じないというものですが
タップとダンスですごく魅せてくれて
結構好きです。






さっきの薔薇色の顔はどこにいったんだと。
同じ人とは思えないくらい暗いので
ん〜恋は一瞬にして天国から地獄へおちるわけね
とひとつ学びました(爆)


しかしジミーはそんなこととはつゆ知らず。
ミリーが電話にも応じないし
会社に行けばこわ〜いお局から
ミリーディルモントはあなたには
一生会いたくないそうです。
と言われ追い返される始末。

さっぱり訳がわかりません。

初見では私も意味がわからなかったです。
ジミーとドロシーはとりあえず
恋人関係ではないことはわかるのですが。

今日はここで小道具の電話を落っことして
笑いが起きてました。

じゃあ何??
わからないまま話は続きます。

ドロシーがオーディションのことで
嘆きにミリーのもとへやってきます。

これまたミリーが極力会いたくない人。
でもドロシーだって
ミリーの気持ちなんぞ知りませんから。

ミリーの話しとドロシーの話はかみ合いません。
そこへ・・・・・
グレイドン氏がやってきます。

その瞬間グレイドン氏一目ぼれ。
二人のめっちゃめちゃ笑えるデュエットが始まります。

歌がキレイで聴き応えは十分ですが
内容と二人の動きがおかしすぎ。
スキップしながら
「あはは〜あはは〜」って
舞台上をくるくると回ったり
お姫様抱っこしたり
今宵一夜みたいなポーズとったり
最高に笑わせていただきました。

りかさんはストップモーションで二人の真ん中にいて
絶対見られないそうです。
(らい嬢のアフタートークレポより)
差し出す花がマジックでよく使うような花だったり
んでその花を包んでいる布が赤くて
闘牛みたいなことしたり。

そうそうりかさん樹里さんの頭に
顔をぶつけて
本気で痛そうでした。
流そうとした樹里さんが
りかさんの痛がり様に
思わず
「大丈夫?」って。

んで最後にその花をりかさんの
机の下においてあるので
樹里さんが拾って持っていくのですが
りかさんの座っている椅子の下敷きになってて
取れません。
大笑いよ。


まあそれでディナーの約束をした二人。

ますます失意のミリーです。

そこにジミーがなんと窓の外で待っています。
どっひゃ〜。地上20階の設定ですよ。

それで話し合って誤解がとけて
二人はめでたく恋人になるのでした。

ああ〜よかったよかった。

最初「仲直りにキスしよう」っていったら
すごく嫌な顔をされていたジミーが
あわてて仲直りだけでもって言うところ。
母さんのツボ!!


しか〜し!!
ディナーに行った二人は
お金が足りずレストランで皿洗いのはめに。
麻世氏は皿洗いがうまかった。
(手馴れてるよ絶対)

こんなはずじゃなかったと
ミリーは
「相手間違ってるよ」
と走り去りそこでショーにでていた
マジーの楽屋へ駆け込みます。



マジーはミリーにご主人とのことを
話してくれました。
「私は結婚するまで主人が億万長者なんて知らなかったのよ」
「楽屋にいるおじさんの一人だったわ」
「でも恋をして・・ある時彼が大きなグリーンのガラス玉をくれて結婚しようって」
「私はガラス玉でも嬉しくて結婚を決めたの」
「それをたまたま友人に貸したらそれがエメラルドだってわかったの」
「絶対彼が盗んできたんだと思って返してきてとお願いしたの」
「そしたら彼がボクは実は億万長者なんだよって」

大切なのは自分の気持ちに素直になることよ。
恋は待っていたってやってこないわ。
というようなことをいうのです。

その後一人ミリーは歌います。
自分は何がほしいのかって。




信念もってやってきたミリーには
なかなか受け入れられないのでしょうかね。
お金のない人と結婚するってこと。



ここのシーンは紫吹淳好きなら
絶対好きに決まってる・・と思う(弱気)


そうだよそうだよ。
エメラルドじゃなくたって
好きな人から心をこめて
贈られたものなら
うれしいに決まってるよ
ってみんな思ってることでしょう。


でも今私が旦那様から贈ってほしいのは
エ・メ・ラ・ル・ド(爆)

さてグレイドン氏はその頃
待てど暮らせどやってこない
ドロシーを待って酔いつぶれていました。

ここも大爆笑でした。

岡さんってホントすごい役者さんですね。


そこへミリーが通りがかり
話を聞いていると
ジミーもやってきます。

ジミーはミリーに話があるんだけど
まずはグレイドン氏の話を聞くことに。

ホテルに行ったら
「ドロシーはチェックアウトしたよ」
とミセス・ミアスに言われたと。

????!!!!!!!
ドロシーは黙っていなくなるような子ではない。

おかしい!!!

ドロシーが白人女性誘拐に巻き込まれたことに
3人が気づきました。
犯人はたぶんミセス・ミアスであることも。

そこで誰か囮になることにします。
岡さんやる気満々(爆)
でもミセス・ミアスに面が割れてるので断念。

本当にがっかりしてました。岡さん。

結局囮になったのは
マジー(爆)
すっごい無理があります。
でも一応ホテルへ乗り込みました。

そして疑いのまなざしを受けながらも
孤児だと申し出ると
ミセス・ミアスはグリーンティに一服もって
洗濯かごに押し込めます。


さてドロシーはというと
洗濯かごに押し込められていたのを
チン・ホーに助けられ
さらに告白をされて
キラ〜ン(笑)

マジーは途中でミセス・ミアスに正体がばれてしまうのですが
もうひとつのかごに潜んでいたグレイドンとミリー。
さらにはジミーに計画を見破られ
警察行です。

カーテンコールでは
美波里さんはちゃんと囚人服で登場するんですよw


ドロシーは
チン・ホーと恋におちて
結婚を決めるのでした。
樹里さんのキスシーンも結構ドキドキ。

このカップルは最後までやたらいちゃいちゃしてました。
樹里ちゃんファンの苛立ちが・・(笑)

そしてジミーもミリーにプロポーズ。
もちろん返事はYES。

一件落着したところで
マジーが全てを明かします。

ジミーは大金持ち。
ドロシーはジミーの妹。
マジーは二人の母親。


ええ!!!!!!!!!
初見のとき椅子から落っこちそうになったよ。

ジミーはなんとなくわかったんだけど
んでジミーとマジーの関係は
ヤヨ姉ちゃんがぽろっと
マジーのことをママって言ってたから
(姉さんたぶん自覚ないですよね。
でもあたしは気づいてしまいました)
でもでも
樹里ぴょんあんたもかい〜〜〜〜〜。


ハッピーなキスをして
ハッピーに終わりました。

最後の最期は
始まりのときのように
雑踏に田舎臭い娘が一人。
娘は瞳を輝かせ雑踏に消えていきます。

じ〜〜〜ん。
2回目にしてこのシーンの意味がわかり
危うく涙でるとこだったよ。


千秋楽ということで
カーテンコールでは客席も総立ちでした。
(初見時は数人だった)
客電がついても拍手はなりやまず
計5回くらい幕があがり
最後には
「出演者みなさんに恵まれて本当によかったです。ありがとうございました」とりかちゃんから一言がありました。

お母さん思わず涙したよ。
うんうん本当にそうだね。

りかちゃんを支えてくれる人がいたから
こんなに楽しい舞台が出来上がったんだよね。

りかさんは芸能界でいったら
まだまだひよこのような女優さんだけど
そのひよこを見守り、支えてくれた。
全てのキャストの皆様の助演ぶりが
ファンとしても嬉しかったです。

完全女性役での主演は
りかさんにとっても大変だったに違いありませんが
また新たな引き出しが増えたことでしょう。

私達はこれからも
この先も
ずっとずっと先も
りかさんに期待してついていける。

そう思いました。

ミリーバイバイ(^^♪
またきっと逢えるよね。

必ず・・・・。


なんかまとまりもなく
長々と書き連ねてしまいましたが
最後までお付き合いいただき
ありがとうございます。

紫吹の某姉さんや某美女様(爆)
つっこみどころなどありましたら
コメントお願いしまっつ。


posted by お母さん at 03:49| Comment(10) | TrackBack(0) | 紫吹淳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お母さん、レポお疲れ様です&ありがとう〜〜〜♪
見に行けなかったのは残念だけど、レポのおかげで、情景が浮かんできて(かなり妄想入ってるかも?w)自分もお母さんと一緒に観劇&感激した気分になれましたよ〜(*´ェ`*)ポッ
Posted by 美衣紗 at 2007年04月30日 13:09
素晴らしいレポをありがとうございます(≧▽≦)

わかりやすくって観劇した気分になれました〜♪とっても楽しいミュージカルだったんですねぇ。

それにしても岡さんが気になります!

こなつも愛より金派だなぁ(笑)ミリーみたいに素敵な人に出会えるといいのですが(爆)
Posted by こなつ at 2007年04月30日 15:55
レポありがとー!
見事にまとめられた素晴らしいレポです!
あの感動が甦ってきたよぅ♪

ひとつだけ、カーテンコールの時に、
バン・フーとチン・ホーの愛するママがNYにやってきて、
無事に二人の息子と再会できたことを付け加えさせて下さい。
嬉しかったんだ〜あの場面(^^)

本当に素晴らしい共演者の方々に恵まれて、
我々ファンも幸せでしたね!

いつの日かまた、
健気でキュートなミリーちゃんに逢えますように☆
Posted by らい at 2007年04月30日 16:15
レポどうもありがとうb

観に行った気分になれました

再演ある時は、是非行きたいなぁ…

僕のミリーちゃんb
Posted by れんか at 2007年04月30日 16:30
楽レポありがとうございます!!
読みながら、笑っちゃいました♪
場面がリアルに思い出されます…(歓喜)
楽しいアドリブ満載でさすが千秋楽(笑)
あーホントに終わっちゃったんですねぇ…
再演しますように(*^^*)

って、ママって言った!?
ま、マジー!?(笑)
…ごめんなさい、まったく覚えがありません(爆)
こんな私ですが、次回もご一緒してください(笑)
Posted by ヤヨ at 2007年04月30日 20:51
紫吹さんを愛する皆様!
コメント&駄レポ読んで頂き
大感謝です(^^♪

☆美衣紗様
観劇&感激していただけましたか?
わあ〜うれしいです(*^。^*)

きっと美衣紗さんはカーテンコールで滝涙したと思うな(笑)
いや芝居中もきっとジャージャー泣いていたに違いない!!(爆)

今度は絶対一緒にいきましょーNE。

☆こなつ様
わかりやすかったですか〜?
よかったです。
ストーリーがわかりやすかっただけですけどね(笑)

岡さんってホント面白いですね。
今回の役は
おバカなボンボンなんですが
ホントにバカでしたから(ほめてます)

あたいも隠れファンになってしまいそうです。


☆らい様
付け足しありがとうございますm(__)m

そうでしたね〜。
さりげなく登場しますけど
みんながハッピーになってエンドのお芝居っていいですよね。
グレイドン氏も新しい速記者見つかってよかったよね。

絶対再演して欲しいね。


☆れんか様
いかがでしたか?
行った気分になっていただけたでしょうか?

ミリーちゃんもれんかちゃんのこと
きっと待ってるよ。
次回は絶対行こうね(*^。^*)

☆ヤヨ様
そんな姉さんが好きなのよ(笑)

いや私も後から気づいたんだけどさ。
言われた時は
ふ〜〜んママなんだ
って普通に聞いていたよ。

こんなわかりやすい話なのに
2回目で気づいたこと意外と多かったよ
(滝汗)


再演もぜひご一緒しましょうね。
今度は遅刻しないからね(爆)
Posted by お母さん at 2007年04月30日 23:56
さすがママ、素晴らしいレポやったワ!リカサマはきっと私達が考えてる以上の努力をしてるんやと思います。ヤッパ10年以上格好良い男を追求し続け、退団したら女優なんやモン、そりゃ大変だヨ。まして座長でしょ?背負う荷物は大きかったやろし。頑張りましたヨ。これからもリカサマが素晴らしい活躍をしてくれる事を願ってます。しかしじゅりぴょん・・目に浮かぶワ。
Posted by ポチママ at 2007年05月02日 08:24
☆ポチママ様
コメントありがとうございます(^^♪

長い長いレポになってしまいましたが
最後まで読んでいただき感謝です。

なんとなくでも伝わっていたらいいのですが・・・。

そうですね。
背負う荷物はヅカ時代よりもはるかに大きかったと思います。
女優としての引き出しはまだ浅いわけですから苦労なさったと(特に歌は)思います。

樹里ぴょんは歌が強い武器ですね。
今後もその武器で色々な舞台に出られるのではないでしょうか。期待してます。
でもホントお嬢様でノンキで
かわいかったです。
Posted by お母さん at 2007年05月02日 09:53
詳細なレポほんとにありがとー!
すっかり観てきた気になったよ(*^_^*)脳内上演しまくりだよ(笑)

つかお礼遅くなってすんませんあせあせ(飛び散る汗)
コメントしたつもりやったけど、どうやら寝ぼけて送信し損ねたらしいよ(笑)
Posted by すう at 2007年05月06日 08:00
☆すう様
まあまあお忙しいのにわざわざありがとうございます(^^♪

こんなレポでも脳内上演可能ですか?
うれしーです。
思えば姉さんのレポには何度となくお世話になりましたもの。
まだまだご恩返しもできてませんね。

寝ぼけて送信しそびれちゃったですか。
きっとこの連休も忙しかったでしょう。

ロムっていただくだけで
ありがたいくらいです。
気にしないでくださいね。
Posted by お母さん at 2007年05月06日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。