2007年09月12日

涙でてませんよ

たまには仕事の話し。

9月から新しく3名が入園したのですが
そのうちの一人:仮にBちゃんとしよう。
この子は賢い子で
母と離れると即大泣きが始まった。

朝の9時から10時まで
つまりは母が迎えに来るまで
ずっとひたすら泣いています。

今日も園に着いた時点で大泣き。
バイバイしてずっと抱っこして
あちこち散歩しながら
ふと見ると涙でていない!
ああああ〜〜〜んと言いながらも
もう泣いてはいないのでした。

な〜んだ少しは慣れてきたんじゃん。
おもちゃにも手を伸ばし始めました。
夢中になっているので
そっと抱っこからおろすと
うわわわ〜〜〜ん。
おりょ?ダメかい?
あわてて抱っこしなおし。

そんなわけで
腕が痛いです(^_^;)

もう一人Cちゃんとしましょう。
この子は母がいなくなっても
おもちゃに夢中で泣きもせずです。
しかしながらご飯の時間になると
思い出すようで激しく泣き。
ご飯を食べられません。

泣くのは当たり前ですから
どうってこともないのですが
経験上慣らし保育に時間がかかるのは
Cちゃんのようなタイプです。

なにより食べないと
空腹で余計にいらつくし
眠れもしないので
時間を延ばすことができません。

仕事始まってしまえば
どういう状況でも預かり
一日保育しますが
育児休業中は
無理をさせたくありません。


泣いていても
少しずつ慣れていっていること。
泣くことは悪いことじゃないこと。
泣かないからと言って
平気なわけじゃなく
我慢しているだけなこと。


無理にでもおいていけば
慣れるというものでもなく
子どもはちゃんと
母の状況や自分の立場を
どんなに小さくてもわかるということ。


この理屈を
母親達に理解してもらうのが
実は一番難儀な仕事です(笑)


もう一人は
一日登園したら
熱がでてしまい
それから来ていないので
来週あたりが大変でしょう。


それともう一人。
先月入った子が今長期で休み
(母の実家に帰省中)で
再来週から来るので
まだまだ大変さは続きます・・。

かわいい小さき者のために
頑張ろうっと(^o^)
posted by お母さん at 23:19| Comment(4) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥が深いのですねぇ〜。
私とかだと、無理にでも置いていってしまいそうです。
(姪の面倒をまかされた時も、けっこうスパルタだったのさ。)
小さくても、それぞれ個性があるんだもんね。
可愛い子達のためとはいえ、仕事はハードですよね。
お身体お大事に〜♪
Posted by えみ at 2007年09月13日 01:37
非常に興味深いね。
体力的にきついと思うけど、
お母さん、頑張れ〜♪
Posted by Natchy at 2007年09月13日 08:38
☆えみ様
コメントありがとうございます(^^♪

そうですね〜奥が深い
といえば深いけど
考え方としては
大人も子どもも同じ。
ということですね。

大人がいやなことは
子どももいやなわけで。

でもすごいですね。姪御さんの面倒。
うちの姉は長男が生まれた時
まるで荷物を抱えるように
抱っこしていましたので
とても預けるなんてできませんよw
Posted by お母さん at 2007年09月13日 22:31
☆Natchy様
コメントありがとうございます(^^♪
奥が深いですか??

私自身もまだまだ勉強不足で・・。
ようやく少しだけ
理屈がわかるように
なってきたんですがね。

何十年やってても
今までにないケースに
ぶち当たるという
新鮮かつ難儀なお仕事ではありますね。

身体は・・・鍛えるしかないんです。
もうね自分で守るしかないの。

やっぱ好きでやってる
というのが最後の砦です。
Posted by お母さん at 2007年09月13日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。